男性目線で考える生命保険とは05|
愛知・名古屋で保険のご相談なら、森の木ライフへ!

blog

HOME

>

BLOG

>

男性目線で考える生命保険とは05

男性目線で考える生命保険とは05

2019/7/1

愛知家名古屋市で「生命保険・医療保険・事業保険」等に困った時は、森の木ライフにお任せください!
森の木ライフではあなたの人生をよりよくするために、様々な保険のご提案をさせていただきます!
保険って難しくてよくわからない…保険ってどうすればいいの…?そんな保険でお悩みの時は森の木ライフにまずはお電話ください!

森の木ライフは、愛知家名古屋市で活動する「保険のプロ」です。

「保険のプロ」としてお客様のご要望やライフスタイルなどをしっかりとお聞きして、数ある保険会社からお客様にピッタリの保険をご提案させていただいています。

森の木ライフでは、

「保険ってよくわからない」

「どこに相談すればいいの?」

「生命保険?医療保険?経営者保険?事業保険? 種類が多くてわからない」

・・・そんな保険に関するお悩みを解決するお手伝いをさせていただいています。

 

【男性目線で考える生命保険とは?5】

 

みなさん、こんにちは。

T・Mです。

 

生命保険は大事だけど、一家の大黒柱としては保険に加入したことによって、家族に負担がかかるようなことがあってはいけないですよね。

たとえば保険料の支払いが高額になってしまって家計を圧迫しちゃった・・・とか

保険会社がつぶれちゃったんだけどどうしよう・・・とか

こんなことになったらどうしますか?

そこで、保険期間中に家族への負担がかからないように、男性なら知っておくと得するかもしれない生命保険の用語を5回にわたってお伝えしてきましたが、

第5弾となる今回は、「まとめ」のお話をさせていただきます。

 

 

生命保険というのは、保険に加入している人が死亡したときのために備える保険のことです。

とくに一家の大黒柱が死亡してしまうと、葬儀代をはじめとして、遺された家族の当面の生活費や教育費、遺品整理費用や場合によっては引っ越し代など、

遺された家族には金銭面での大きな負担がかかってきます。

そこで生命保険に加入しておいて、万が一のときにも遺された家族に負担がかからないような体制を整えておくことはとても重要なことです。

また、死亡のときだけに注目せずに、高額な医療費が発生した場合に備えたり、老後資金や教育資金を確保する目的のための生命保険プランもありますので、併せて検討することも推奨されています。

 

ですが実際に保険を選ぶとなると、家族構成や予算などによって変わってきますので、それぞれに合う最適な保険を見つけるのは至難の業です。

だからというって保険セールスの言われるがままに決めてしまったり、

「周りの人に聞くとこれぐらいのプランに入っているから…」と何となく決めてしまったりするのは避けなければなりません。

さらに生命保険は、家族の進学・就職・独立・結婚・出産・定年退職など、ライフシーンの変化がある人生の節目に応じて、保険の見直しが大切となってきます。

 

そんなときになんでも相談にのってくれる保険のプロが傍にいてくれるのは本当に心強いものです。

「家族に負担はかけられない!」と願う一家の大黒柱としては、そんな保険のプロを傍において、いつでも相談できる体制を整えておくことは重要なことなのではないでしょうか?

 

森の木ライフでは、お客様の不安を取り除くあなたにピッタリの保険をご提案していきます。

もちろん生命保険や医療保険だけでなく、自営業やフリーランスで活躍する男性必見の経営者保険や事業保険なども扱っています。

一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日の記事はT‐laboからのお届けです。

T‐laboでは、ホームページの制作・企画・運営から、WEBデザイン・広報運営のサポートなど、WEBに関するお悩みを解決するお手伝いをさせていただいております。

ホームページのことや企画広報に関する事ならぜひT‐laboにご相談ください。

https://takai-laboratory.com/

無料相談&お問い合わせ