保険に入るタイミングとは? 01|
愛知・名古屋で保険のご相談なら、森の木ライフへ!

blog

HOME

>

BLOG

>

保険に入るタイミングとは? 01

保険に入るタイミングとは? 01

2020/3/23

愛知家名古屋市で「生命保険・医療保険・事業保険」等に困った時は、森の木ライフにお任せください!
森の木ライフではあなたの人生をよりよくするために、様々な保険のご提案をさせていただきます!
保険って難しくてよくわからない…保険ってどうすればいいの…?そんな保険でお悩みの時は森の木ライフにまずはお電話ください!

 

保険に入るタイミングとは? 01

 

愛知県名古屋市を中心にして、「より顧客様に寄り添ったご提案」をモットーに活動している保険会社、「森の木ライフ」です。 森の木ライフでは生命保険、医療保険、経営者保険、事業保険など、保険に関するあらゆる業務を手がけ、また、一社の単一商品だけに縛られるのではなく、複数の保険会社の商品を数多く取り扱っています。保険業務の他にも、ライフプランニングから住宅ローンコンサルティング、中小企業ファイナンシャル・プランナーまで、顧客様の人生設計をサポートする業務を幅広く手がける会社です。

 

みなさまこんにちは。「森の木ライフ」の広報担当、Aです。

みなさまの中には、保険に加入したいけれどいつ入ればいいのか分からない、加入するタイミングによって得や損があるのだろうか、というようなお悩みをお持ちのかたもおられるのではないかと思います。

そこで今回は、保険に入るタイミングはいつがもっとも適しているのかを詳しく説明させていただきます。

生命保険保険文化センターの平成28年度における「生活保障に関する調査」の「医療保障としての生命保険」の項目内に挙げられたでーたによると、「疾病入院給付金の支払われる生命保険に加入」している割合は全体の72.1%で、「疾病入院給付金が支払われない生命保険に加入」している割合は4.5%、「生命保険に加入しているが疾病入院給付金が支払われるかどうか不明」と答えた5.8%のひとも合わせると、実に82.4%にも上ります。

ほかにも、がん保険・がん特約の加入率は37.8%、特定疾病保障保険・特定疾病保障特約の加入率は33.6%と、いずれも高い割合を示しています。

公的な保険ではまかないきれない範囲を、民間の保険で補おうと考えておられるかたが多いのがわかります。

 

「森の木ライフ」では、顧客のみなさまのご要望やご用命に、複数の保険会社の商品の中から、お客さまによりマッチする最適な保険商品やサービスを選んでご提案させていただきます。従来の保険商品にご不満やご不安な点がおありのかた、自分の人生設計に即した、よりよい保険商品をお探しのかたなど、保険に関するさまざまな疑問やご希望をお持ちのかたは、さらには、保険を含めたライフプランを見直したいとお考えのかたがいらっしゃいましたら、是非「森の木ライフ」までお気軽にご連絡ください。「森の木ライフ」の豊富な経験と知識を持つスタッフが、みなさまのご希望に沿えるプランをご提案させていただきます。

 

無料相談&お問い合わせ