医療保険に入るべき人とは? 03|
愛知・名古屋で保険のご相談なら、森の木ライフへ!

blog

HOME

>

BLOG

>

医療保険に入るべき人とは? 03

医療保険に入るべき人とは? 03

2020/5/18

愛知家名古屋市で「生命保険・医療保険・事業保険」等に困った時は、森の木ライフにお任せください!
森の木ライフではあなたの人生をよりよくするために、様々な保険のご提案をさせていただきます!
保険って難しくてよくわからない…保険ってどうすればいいの…?そんな保険でお悩みの時は森の木ライフにまずはお電話ください!

医療保険に入るべき人とは? 03

 

愛知県名古屋市を中心にして、「より顧客様に寄り添ったご提案」をモットーに活動している保険会社、「森の木ライフ」です。 森の木ライフでは生命保険、医療保険、経営者保険、事業保険など、保険に関するあらゆる業務を手がけ、また、一社の単一商品だけに縛られるのではなく、複数の保険会社の商品を数多く取り扱っています。保険業務の他にも、ライフプランニングから住宅ローンコンサルティング、中小企業ファイナンシャル・プランナーまで、顧客様の人生設計をサポートする業務を幅広く手がける会社です。

 

みなさまこんにちは。「森の木ライフ」の広報担当、Aです。

国民皆保険制度にもデメリットはあります。

まず、財政難です。現在の日本での深刻化する高齢化社会現象に伴って、医療費の収支バランスは崩壊の危機に瀕しています。少子高齢化社会では、公費から支払われる医療費のほうが保険料より比重が高く、国民皆保険制度を運営するために税金から赤字を補填しているのが現状です。

とは言え、保険料の金額を安易に値上げするわけにもいきません。現役で働く世代への負担だけが増すことになり、公的保険制度に加入しないという選択をする人も増えてくる可能性があるためです。

また、公的保険制度では、保障される医療行為について基準があり、保障が適用されない医療行為が存在します。

たとえば、がんなどの先進医療です。先進医療については基本的に保険適用外であり、全額自己負担する必要があります。

また通院の際の交通費や、入院するときの日用品や衣料品などの経費も適用されません。

そうした細やかな配慮に欠く国民皆保険制度に対して、その足りないところを補填する意味で作られているのが、民間の医療保険ということになります。

 

「森の木ライフ」では、顧客のみなさまのご要望やご用命に、複数の保険会社の商品の中から、お客さまによりマッチする最適な保険商品やサービスを選んでご提案させていただきます。従来の保険商品にご不満やご不安な点がおありのかた、自分の人生設計に即した、よりよい保険商品をお探しのかたなど、保険に関するさまざまな疑問やご希望をお持ちのかたは、さらには、保険を含めたライフプランを見直したいとお考えのかたがいらっしゃいましたら、是非「森の木ライフ」までお気軽にご連絡ください。「森の木ライフ」の豊富な経験と知識を持つスタッフが、みなさまのご希望に沿えるプランをご提案させていただきます。

 

無料相談&お問い合わせ