医療保険について|
愛知・名古屋で保険のご相談なら、森の木ライフへ!

HOME

>

医療保険について

医療保険について

急な病気や大きいケガなどによる高額な医療費負担リスクを軽減する。それが医療保険です!

医療保険が不必要だと言う方の意見を聞きました!

私、健康にとっても自身があるから、わざわざお金を払って医療保険に入る必要ないと思ってます! 日本って健康保険制度はかなり充実しているから高待遇の医療保障を受けられるでしょう? 実際のところ病気やケガになるリスクってそんなにないんじゃない? 矢印

たしかに現状、医療保険が充実している日本では

“医療保険が必要ない”とも言えなくも無いです。

こんなこと考えられませんか?

国の保障制度が続かない可能性等々 要するに

医療保険はその人が置かれている
“年齢”“環境”“ライフスタイル”に応じて
医療保険に加入すべきか加入しなくてもよいのか?

あるいは、
どんな種類の医療保険に加入したほうが良いか?
で大きく変わってきます。

不安や悩みをお抱えの方は、医療保険マイスター新井にまずはご相談ください!

保険の専門家森の木ライフが教える医療保険の判断ポイント

ライフステージ・世代別によって医療保険の必要性が変化してくる

判断ポイント画像1

医療保険は20代、30代、40代、50代・・・とその人のライフステージによって、医療保険が本当に必要かどうかが変わってきます。
まずは自身の年齢、あるいは取り巻かれている状況や環境を振り返ってみる必要があります。
そこからリスクマネジメントの観点から、医療保険の有無を考えてみてもいいかもしれません。

働けない期間の生活費の貯蓄は充分にありますか?

判断ポイント画像2

病気やケガの種類は、一週間程度で完治してしまうものから、月単位、年単位、もっといえば一生単位のものまで、多くあります。
だからこそ、いざ長期入院となった場合、医療費だけでなく、その入院の間の『収入源』がまったくストップしてしまうこともあります。
「現在の貯蓄がいくら溜まっているのか?」それも医療保険有無の判断基準のひとつといえます。

民間医療保険と公的医療保険の違いを整理して相違を理解する

判断ポイント画像3

民間医療保険とは“加入は任意で民間の保険会社が販売している医療保険”の事であり、公的医療保険とは、“国民皆保険とに言われて、年齢や働き方で加入する制度が違いますが、すべての国民が医療保険への加入が義務付けられている保険”のことです。
民間医療保険と公的医療保険とでは保証を受けれる範囲や金額が変わってくるので、その点をしっかりと把握しておく必要があります。

保険の事でお悩みの方は、保険マイスター新井におまかせください!
無料相談&お問い合わせ